tit_product

防爆タイプ

第2種危険場所に対応。業界トップの実績が証明する信頼の仕様。

防爆検定de2G4をクリア

fork05_06耐圧防爆構造の記号

全閉構造で、容器内部で爆発性ガスの爆発が発生した場合でも容器がその圧力に耐え、かつ外部の爆発性ガスに引火しないようにした構造。

fork05_07安全増防爆構造の記号

温度上昇による危険や、外部からの力による損傷を防止するために、絶縁性能や安全性を高めた構造。

fork05_08爆発等級2

爆発性ガスを危険度により1、2、3のランクに分類。等級が大きくなるほど(1より2、2より3)爆発力が大きく、危険度が高くなります。

fork05_09発火度4

爆発性ガスを5段階に分類。等級が大きくなるほど(G1よりG2、G3よりG4)発火点=発火する温度が低くなり、危険度が高くなります。

安全・確実な耐圧防爆構造

制御装置、モーターなどすべての電気機器は全密閉式の耐圧防爆構造。

fork05_10

バッテリーは安全増爆構造

fork05_11バッテリーは絶縁性能を高めるとともに、温度上昇による危険や外部からの力による損傷などに対する安全性を向上させた、安全増防爆構造を採用。また、水素ガスの残留による危険を防ぐために、水素ガスを自然放出できる構造になっています。

ページトップに戻る